TOP > ネオピコ3でイラストを描こう!

布編

sample1

1.布を用意する。

01
裏移りしないよう下に裏紙を入れます。

2.絵を描く場所を決める。

02
今回はテンプレートを使用。動かないようにテープで固定します。

3.カラーチャートを作る。

03
ペンについている色チップと、実際の色が異なる場合がある為、紙などに作っておくと便利です。

4.色塗り。

04
まずは薄い色から。

5.グラデーションを作る。

05
薄い色を塗ったら、乾く前に濃い色を重ねてグラデーションにします。薄い色→濃い色→薄い色をさらに重ねるとムラなくキレイに!
05_1
※実際グラデーションに使った色はこれ。

6.隙間を埋める。

06
テンプレートをめくって、隙間部分にも色をつけます。

7.完成。

07
藻なども色をつけて、完成!

例えば…

08
お子さんの持ち物に名前を一緒に入れてみてもOK。

紙編

ネオピコ3は本格的にイラストを描く人じゃなくても使いやすいペン。
特徴さえつかめば簡単!
手作りカードや簡単な絵本作りにも。本格的なイラストや絵にも。
インクが裏移りしないので、そのまま宛名を書いて投函してもOK!
完成イラスト
完成。心のこもった1枚のカードを、プレゼントしてみませんか?
このカードに使ったもの▼
・官製ハガキ
・折り紙(仕上げ)
・えんぴつ、消しゴム
ネオピコライン2ブラック0.3、0.1(ペン入れ)
ネオピコ3

1.下書き。

今回はハガキに直接描きましたが、何度も描いたり消したりをすると紙が痛んでしまうので、先に別の紙に描いて、形を決めておくと○。
下書き

2.ペン入れ。

カラーイラストは修正すると目立ってしまう為、修正しなくてもいいように丁寧にペン入れをしていきます。
ペン入れをする際には、ネオピコ3で塗っても主線がにじまないものを使います。今回はネオピコライン2ブラック0.3と、0.1を使いました。
ハイテックCを試してみたところ、ネオピコ3だとにじんでしまいました。
実際にペン入れをする前に、にじまないか試してから使いましょう。
ペン入れが終わったら、下書きを消しゴムで消します。
ペン入れ

3.原紙をコピーして、色を塗ってみます。

慣れないうちは練習にもなるので、何枚かコピーして試してみるといいでしょう。
試し塗り試し塗り

4.本番です。

色塗りの基本は薄いところから塗るのですが、好きなところから楽しく塗って行くのも方法です。今回はケーキのスポンジから塗りました。
ネオピコ3は混色もOKな万能マーカーの為、乾く前に色を乗せるとにじんで色が混ざってしまいます。色を混ぜたくない時には、少し時間を置いて乾かしてから塗りましょう。

使用色▼
スポンジ:091、105
ろうそくの灯:071、095
ろうそく本体:051、035
ケーキクリーム:011、085
鼻:091、071
目:041、115
文字:081、085、091、071、051、055、041、035
リボン:011、085
服:011、095
肉球:091、011
色塗り
↓グラデーションを作って、ぼかしてみます。
色塗り2
色を重ねて塗るときは、薄い色→濃い色→薄い色でのばします。乾く前に色を重ねるのがコツ!ただし、あまり塗りすぎると紙が毛羽立ってしまうので、塗りすぎには注意が必要です。
色を重ねると水彩風の優しい色使いになって、グラデーションも作りやすくなります。
拡大
拡大図。多少ムラになっても、それが水彩の特徴なのであまり気にせず塗っていきましょう。
ぼかしで混色したペン先は、他の色がついてしまう場合があります。そのままにしておくと色が変わってしまう恐れがあるので、別の紙などに試し書きをして色を取りましょう。

色塗り2

5.背景を作ります。

今回は折り紙を使って、質感を出します。ペンだけで仕上げてもいいし、折り紙や包装紙など、貼り付けてあなただけのカードを作ってみるのも面白いと思います。
折り紙は手でちぎって形を作りました。
肌
↓小さいケーキも、折り紙で貼り合わせて作ります。
ケーキ

6.仕上げ。

最後にほっぺ(011、085)を塗って、完成。
完成
一つ一つが手作りの、バースデーカードが出来ました。
ネオピコ3の素朴な色は、どんな加工にも合うと思います。

TOPへ戻る